エステの仕事とは

「エステの仕事ってどういうもの?」「ピュアラってどんなサロン?」
女性の美しさを磨いていくエステ、そしてピュアラの仕事についてご紹介します。

1 エステの仕事は、美容業界で、もっとも素肌にふれる仕事。

理美容やコスメ、ネイルなど、美容業界にはさまざまな仕事がありますが、その中でも「何かを付け加えたり加工したりするのではなく、お客様自身の美しさを磨いていく仕事」と言えるのがエステではないでしょうか。

また、エステは「女性を美しくする」という、女性ならではの感性が大切になる専門職です。しっかりと知識・技術を身に付ければ、もし仕事を離れることがあったとしても、いつかエステ業界に復帰するときには、それまで積み重ねた実務経験が力になってくれるでしょう。

2 ピュアラは、「トータルビューティー」を行う「中堅サロン」。

「エステ」とひと口に言っても、実はその業態はいろいろ。フェイシャルからボディ、脱毛まで、全ての施術を行う「トータルビューティーサロン」と、痩身や脱毛など、ひとつのジャンルに特化した「専門サロン」に大きく分かれます。また企業の規模としても、全国にチェーン展開する「大手サロン」、地域に数点を展開する「中堅サロン」、個人が経営する個人サロンなどに分かれます。

その分類で言えば、私たちピュアラは「トータルビューティー」を行う「中堅サロン」。 専門サロンとは異なり、フェイシャル、ボディも含めたエステの技術をトータルに習得することができます。また、ピュアラでは「より新しい技術を、より早く、より利用していただきやすい価格でお客様にお届けしたい」との想いから、最新美容機器を積極的に導入できるよう企業努力を行っています。最先端機器について知識を深めながら、幅広くスキルを磨いていくことができる環境です。

また、ピュアラでは「技術だけでは本物のエステティシャンにはなれない」との想いから、コミュニケーション能力をはじめとするさまざまな力を養成していきます。
詳しくは、「ピュアラで身につくこと」をご覧ください。

3 フランスのエステのように、医療と美容の垣根を越えて。

日本では、エステは「単なる美容サービス」というイメージですが、エステの本場・フランスでは、「心の健康につながるサービス」と認識されています。「美しくなる喜び」という方向から健康にアプローチできるため、美容外科などの医療機関と連携するケースもあるようです。

フランスのように、あるいはそれ以上に「医療との融合によって、より多くの女性の『心の健康』をサポートしていきたい」という想いから、ピュアラは、医療機関も多数所属する『一般社団法人アジアアンチエイジング美容協会』に理事として参加しています。
また、過去にはフランスへの研修旅行も実施。
医療との垣根をさらに越えていく新しい「エステ」のパイオニアを目指して取り組み続けています。

大阪のエステサロン・ピュアラはエステティシャンの経験がない方からの求人のご応募を随時募集しております。ご応募は求人ポータルサイトのマイナビ・リクナビから行えます。パソコンが得意でない方はお電話でもピュアラコールセンターにて面接の受付をしております。

Instagram

ありのままのピュアラをお届けします!

@purelar